×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク


SEVENTH PROJECT
   テーマ別BBS

 ≪生 と 死≫

  
[家宝の石]
    そもそも、メルギー家に代々伝わる例の「家宝の石」とは何なのか?

    かつて、人類移民計画の先鋒、ダルゼラ博士を中心とする調査隊が
    初めてこの惑星に降り立った時、遺跡の中に発見されたものである。
    大きな宝石のような輝きを持つ石、しかし、
    地球上のどの物質とも構成素の異なる解析不明の"物体"であった。

    我々人類がこの「石」に触れた時から、
    悪夢は始まっていたのかもしれない...


  
[メルギー家の元へ]
    移民以前より政治・経済界に大きな力を見せていたメルギー家の者が、
    その石を"預かる"ことを条件に、
    莫大な費用を要する第2期・3期の調査隊に出資した。
    関係者から見れば、ただの"珍しいもの"のコレクターにしか思えなかった。

    歴史的・文化的価値を調べようにも、我々地球人には手のつけようのない物体。
    しかし、その石から発する微弱な音波が計測できた時、
    人々はある「言葉」を聞いた...


  
[古の言葉]
    「LA-NI-TA-RE-A」

    敢えて発音をアルファベット表記に置き換え
    報告されたのが、この文字列であった。
    語彙、語幹、全て不明。
    ただ、かつてこの星に存在したであろう
    知的文明の痕跡の1つには違いない...


  
[命名]
    この「音」を、ダルゼラ防衛軍の名称に据えた。
    防衛軍とは、本来
    人類以外の"外敵"から人類・母星の生命を守るために
    結成されたものである(「過去掲載記事」参照)。
    かつて、この星にて栄えたであろう文明を奉り、
    この星自らを守護する意味と願いを込めた命名であった。


  
[今...]
    確かに、その遺跡の石は、この星のその後を見守っていたのかもしれない。
    その言葉(音)は、この星の行く末を静かに護るための文言だったのかもしれない。

    しかし、冷静に、この星の現実を見てみなくてはならない。
    何故、今、それが"遺跡"なのか。
    何故、今、そこに文明が"存在しない"のか...


  [接触]
    さとるとラニータ・リィアの出会いは「第3部」。
    場所は、遺跡の近く。

    1人の少女が倒れていた。
    偵察に近辺まで来ていたエムリスのメンバーが発見する。
    何故こんな所に、という疑問よりも、
    人助けのために仲間たちが動く。・・・任務そっちのけ(^_^;)


  
[ラーザ]
    エムリス基地に保護された少女は、口が利けなかった。
    身振り手振り、または、相手の手のひらに文字をかいて意志を伝える。

    名前はラーザ。
    彼女はそう伝えた。
    そして、それ以上のことは、何も覚えていないという。


  
[話]
    彼女の希望により、さとるが彼女を、2人が出会った場所に連れて行ってやる。
    「記憶を取り戻す手掛かりがあるかもしれないから」

    その理由はウソであった。
    彼女は、さとるに話があった。
    そしてそれは、遺跡の前でなければならなかった。


  [遺跡]
    ラーザが、ただ静かに立って、遺跡を見つめる。
    さとるが、後方、少し離れたところに立ち、彼女の背中越しに遺跡を見る。

    『この人…、泣いているんだ……』
    ラーザの背を見て、そう思う。
    肩が震えているわけではない、実際、涙を零しているわけでもない。

    ただ、静かに立つ彼女から、言葉では表せないような、大きな悲しみを感じた。


  [高貴な威圧感]
    彼女が、"過去"との対面から次の行動への決意を意識した時、
    さとるには、彼女を包む空気が変わったように感じられた。

    何か大きな、かつ高貴な威圧感を肌に受けた。

    この人が何者なのか、何となく分かったような気がした...


  
[心の声]
    『この人は…?』

    さとるは、童顔で年下に見える彼女を"キミ"と呼ぶのをやめ、
    「あなたは…、"ここ"に住んでいたんですか…?」

    彼女は、体の向きを変えず、心の声で直接答える。
    『…はい...』


  
[言葉]
    "ここ"・・・つまり、前文明の遺跡である。

    「…そのことを…オレに…?」
    『言葉…』 少し顔を上げたよう。
    「え?」
    『…何千年、何万年ぶりに発した言葉が、
     私と、私が"ここ"に残したもののことを
     正しく伝えられると良いのですが...』
    彼女は、ゆっくりと振り向く。


ラニータ・リィア

  [器]
    「!!」

    『私の言葉が届くということは…、この事実を知った時、
     事の意味を理解し、それを受け入れるだけの器を持った者であると…、
     私は、あなたを信じます...』
    「…言葉…? …そんな、オレは…」
    『いいえ、…あなたは既に、お気づきですね…?
     私を理解しようと、心を働かせてくださった…』


  
[ラニータ・リィア]
    「……」
    彼女と、彼女の背後の遺跡を見比べる。
    『だから、言葉が届くのですね…!』
    「あ…」

    2人、互いの顔を見てしばらく無言で立っている。
    2人の間を、風が何度か吹き抜ける。
    互いの存在と、この出会いという事実を認めるに充分な時間が経つ。
    …人類史上最初の、異種文明人との接触の瞬間であった。

    『はじめまして、私の名は、ラニータ・リィア...』


                        戻る 戻る     TOPへ TOP