×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク


SEVENTH PROJECT
   テーマ別BBS

 ≪対立 と 共存≫

  
[ようこそ!]
    ▼自分とは "違う" 他者の存在を認められず、受け入れられず、誤解を生み、
     敵対意識が芽生える。競争は、時に経済・産業・科学の発展をもたらすが...
    ▽人と人との協調...他者との間の理解、和解。 互いの存在を認め合う心。
     人類と自然との共存...与えられた生命に対する感謝。 自然を慈しむ心。



  
[ダルゼラ編は...]
    人類移民に際し、現存する国家の垣根を取り除き、
    世界は1つの集合体として、全ての人間が等しく新たな時代を迎える...
    とか何とか言って、第2の地球での生活を(強制的に)始めて約150年。
    民族や文化の違いが残る中で、そう簡単に "1つに" なれるわけないって(-_-;)

    ・・・という時代です。


  
[国家独立]
    メルギー家は、政界・経済界に幅広く力を持っていました。
    地球時代末期からの名家で、ダルゼラ移民後も
    多くの仲間(家・企業・教育機関など)が集まる1つの自治州を任されていました。
    そして、国家としての独立を望む住民の声をダルゼラ政府に訴え続け、
    退けられ続けて久しいのです...


  
[エルギウスの代]
    いよいよ「ダルゼラ政府、ええ加減にせーよっ!」ってな感じで血の気の多い連中が集まり出し、
    エルギウス・メルギーを立て、武力行使も辞さない態度を見せ始めます。


  
[防衛軍]
    ダルゼラ防衛軍「ラーニタリア」というのがありますが、
    これは、本来、人類"以外"の外敵から人類を守るべく結成されたものです。
    そもそも、生命の軌跡、文明の痕跡のある惑星ダルゼラが示すように、
    この宇宙には、我々人類以外にも生命体が存在している(していた)わけで。
    (ラーニタリアって名前にも、実は意味があります。人類が知らないだけで)
    その防衛軍が、エルギウス一派との抗争に介入することになってしまったのです。


  
[防衛軍、総司令]
    防衛軍総司令、タングス・ジーンは、実はエルギウスと旧知の仲。
    防衛軍は、そもそも、この政治交渉に軍事介入する気などありませんでした。
    ダルゼラ政府の一方的な決定により、やむなく...
    エルギウス自身は、血の気の多い連中の"抑え役"であったことを、タングスは知っていたのです。


  [エルギウス死去]
    ダルゼラ編冒頭、第1部・第1話は、エルギウスの葬儀から始まります。
    孫娘、リザルダのモノローグから、ダルゼラに新しい時代の風が吹く予感がします。


  
[本編は...]
    リザルダ・メルギー、クリフ・テーラーといった名が歴史上に登場するのは、
    ダルゼラ暦2世紀後半〜末期となります。
    エルギウスの死去から時代が動き始め、やがて、ある種の収束を迎えるまでを、
    【ダルゼラ編】本編とします。


  
[リザルダ・メルギー]
    【ダルゼラ編】の主人公、さとるの実姉、リザルダ。
    (もちろん本人たちは互いを知りませんが)
    どうも、本編は、彼女の"成長物語"という色合いが強くなってしまいそうです...(^_^;)


リザルダ
  [総帥として]
    ...このご時世に、開戦準備の話ってのも何ですが、
    「打倒ダルゼラ政府!」で結束した人々の想いは、決して間違いではないように思えます。

    やむなくエルギウス軍総帥として担ぎ出されるリザルダと、彼女を守る騎士たちとの
    触れ合いを描いたエピソード、「"(2人の)リザルダ"の休日」をUPしました。


  
[苦悩の日々]
    【ダルゼラ編】 第1部では、エルギウス一派が軍備を進め、
    ダルゼラ政府との交渉決裂が濃厚となり、いよいよ武力行使に踏み込むかという世界情勢の中で、
    この流れを止められない自分と、その自分の立場に苦悩するリザルダの姿が描かれます。


  [2人のリザルダ]
    「エピソード抄録」に掲載している『リザルダの休日』は、
    リザルダと、彼女の影武者を務めるハンナ・ブライムの
    休日の様子を描いた、ちょっと貴重な(?)エピソードです。

    それぞれの思い、その立場におけるプレッシャー...
    彼女たちの闘いを、周りで支える騎士たち。
    …ハンナも、リザルダを真に理解し、彼女を守る人間の1人ですね。



                        TOPへ TOP     次へ 次へ