×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク


SEVENTH PROJECT
   テーマ別BBS

 ≪愛 ・ 信頼≫

  
[キース先生]
    ヘルモード隊にあって、キース先生の人望は厚い。
    一見"紳士"であるが、クリフを気に入る"お兄さん"だけあって、
    それなりに「ノッてくれる」面白い人、である。

    彼は、最初、ルシエ直属だったユウを疑う。
    先生に信用されないというのは、かなり痛い。
    ヘルモードの皆から信用されていない、とさえ感じてしまう。
    ・・・これが、ユウの孤独な闘いの始まりであった。


  
[弟分]
    大将は、特に"かばう"ような素振りを見せるわけではなく、
    全く普段通り、みんなと同じようにユウに接しているだけ。
    "どんな"仕事であっても一生懸命やっている彼女を、大事に見守っているのだろう。

    先生には、その大将の器の大きさが、"弟"ながら頼もしくもあった。


  [後に...]
    しばらく共に過ごす中、キャニーや千晶、クリフの面倒をみる
    ユウの姿を見て、後に、先生が
    彼女をヘルモードの仲間として認めるような言葉をかける。
    ・・・ユウは、思わず涙ぐんでしまう。

    「…のやろぉぉ(キツネ目がさらにつり上がって)
     オレのユウちゃんに手ェ出すんじゃねぇっ!!」


  
[笑顔]
    泣かしてしまったユウを、"口説こうと"していたところを
    大将に見つかったわけで(^_^;) ・・・先生、懲りません。。。

    ユウの表情に心からの笑顔が戻ったのは、この時かもしれない。


  
[ユウの想い]
    ところで、ユウちゃんは大将のことをどう思ってるんでしょう?
    指揮者として、1人の人間として、信頼し、
    尊敬するようになっていくのは確かなようです。

    では、男性として、心を寄せる相手として
    大将を"見る"ようには...なっていくんでしょうか?


キース先生
  [遠慮?]
    やっぱり"意識"します。
    「黙って坐ってりゃ、いい男」(セルビネア談)らしいですし(^ ^;)

    でも、よく喋る、賑やかなヤツですからねぇ...(-_-;)
    日頃、彼の世話をしているユウには、疲れの方が大きいかもしれません。
    その中で、大将がセルビネアのことを想っているのが伺える場面が、何回か出てきます。
    ユウには、それがよく分かっているようです。。。


  
[セルビネア]
    女性の名前です(「設定集」参照)。
    クリフとは学生時代からの知り合い。
    1つ年下だが、タメ口で話せるほど仲が良い。

    開戦当初は、本隊ケフェウスに所属していたのだが、
    新たに基地を展開する運びとなり、そこの指揮官に任命される。
    つまり、クリフと同等の立場となるわけで。


  
[重圧]
    1部隊を率いる指揮官。
    彼女の戦闘能力(センス)と戦術に秀でる頭脳は、誰もが認めるところで、
    軍上層部の年配者たちから「適任」と判断された。

    自分たちは安全な(?)砦からは出ようとせず、
    若者たちを前線に配備、机上より指令を与えるのみ。
    防衛軍側も同じようなものであるが...

    大部隊の総指揮。その立場の重さに耐えられるか、
    男勝りな彼女が、本編中一度だけ、その弱さを見せる。


  
[本心]
    気弱になっているのは、仕事の重圧だけではない。
    いつも頼りにしていた、そして想いを寄せている男性、
    ルシエのいるケフェウスから離れなければならない...

    指揮官としては昇進であるが、女性としては辛いところ。

    その彼女の本心を知ってくれている人物が、2人いる。
    親友のハンナと、ヘルモードの大将、クリフである。


  
[寄り道]
    新しく基地が設営されるアルファードとは、惑星ダルゼラの南半球にある広い地域を指す。
    平野部、山間部、そして沿岸部は南半球最大都市として栄える。

    クリフの故郷、北のヘルモードとは、首都カストルを挟んで、ほぼ対極にある位置。
    その遥か離れたヘルモードに、ケフェウスを出たセルビネアが"立ち寄る"。


  
[1人、ヘルモードへ]
    以前、キャニーをヘルモードに連れてきたのは、セルビネアだった。
    クリフにすれば、彼女がルシエの私的な指示で動くのが気に入らなかった。
    …実際は、キャニーをヘルモードに、と指示したのはDr.セルラードであったのだが。

    護衛の者を先にアルファードに向かわせ、単身やって来た彼女を、
    クリフもおかしいと思った。
    「何のつもりだ? 今度は、手土産なしか?」


  
[やって来た理由]
    「何言ってんの、プライベートで来たんだよっ」
    まるで友だちのお家に遊びに来たような、軽い喋り方をするセルビネア。
    …実際、そのようなものだが...

    「ここはホテルじゃないんだぞっ」
    デッキまで迎えに来たクリフだが、そんな言葉を交わしつつ
    セルビネアはユウに連れられて、本館内の一室に案内される。

    「何だってんだよ…」
    彼女が、アルファードへ向かう途中の寄り道というには
    あまりに遠いヘルモードまで遥々やって来た理由は、まだ分からないでいた。


  
[クリフにだけ]
    久しぶりに、2人で飲む。
    大将は強い。セルビネアは、まぁ、普通。
    (このシーンは、「エピソード抄録」にてご紹介する予定)

    セルビネアの服装を見て、クリフが驚く。
    きれいなドレスに、上品なアクセサリー。
    普段の彼女とはあまりに違う姿に、正直、見とれてしまう。

    「何でお前がここへ来たのか、やっと分かったよ」


  
[見せられる姿]
    「?」
    「女のコに…戻りたかったんだろ…?」
    「!! ……そうかもね...」

    図星である。
    本隊から…想いを寄せる人から離れなければならない、
    一部隊を率いなければならない、
    …彼女には休息が必要だったのかもしれない。


                        戻る 戻る     TOPへ TOP