×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク


SEVENTH PROJECT
   テーマ別BBS

 ≪愛 ・ 信頼≫

  
[ヘルモードの仲間]
    外の環境は言うことなし。
    中の環境は...クリフを始め、賑やかで、でもいいヤツばかりのヘルモード隊。
    ユウと千晶は、キャニーを思い遣り、次第に彼女も、彼らに心を開いていく。

    いつの間にやら、キャニーもヘルモードの仲間に...


  
[ユウ・クオーツ]
    ユウも、開戦後、ヘルモードに移された。("北の大将"の監視役として...「設定集」参照)
    やっぱり、最初は彼ら(?)のノリについていけなかったみたい(^ ^;)
    ほんっと、「ご苦労さま、ユウちゃん♪」(←大将の一言)


  
[故郷]
    しばらく行動を共にしているうちに、ユウも、クリフの純粋な願いに気づく。
    美しい北の大地、ヘルモードは、クリフたちの故郷なのである。

    ↑ "たち"のお2人については後述(^-^)
    あっと、もう1人、Dr. セルラードもネ。


  
[美しい北の大地]
    ダルゼラの北半球に横たわる最大級連峰「オーディン」。
    その裾から広大な平原に至る一帯を「ヘルモード」と呼ぶ。
    (○○神話をご存知の方にはお馴染みの名前ですね(^-^)

    都会「ケフェウス」からやって来た、"独りの"女性ユウの心を、広く、大きく、
    そしてどこか温かくしてくれるような、不思議な力さえ感じられる、広大で美しい大地。

    そして、その偉大な自然を愛する大将は、
    孤独な闘いを抱えるユウを、最初に信用してくれる...


  [孤独]
    ただの転属ではない。
    ユウは、ある意味、単身敵地に乗り込んできたようなものであった。
    そう思ってしまうのは、ユウが任務に忠実で、マジメで、
    何でも一生懸命に取り組む性格の女性だからである。

    実際は、決してそうではないのに、今ヘルモードにいる自分を"孤独"に思ってしまう...
    大将は、そんな彼女の胸の内を知っているかのように、いつも彼女に声をかける。


  
[謎のプログラム]
    ある時、機体の整備中に奇妙なプログラムを発見するユウ。
    元ルシエ直属の諜報部員、サイバーテロ対策本部のスタッフであった彼女にも、
    その正体が解明できないでいた。…つまり、大将にガードされてるわけで。

    とりあえず、そのプログラムの存在を本隊のルシエに報告する。
    その通信が、大将に見つかってしまう...


  [最悪...]
    落ち込むユウ。
    1人、基地の屋上で、はるか遠く、ケフェウスの方角の空を見て、
    もらす一言...

    「どうしよう…、お兄様...」


  
[お兄様?]
    この言葉は、本編中誰にも聞かれていない。
    ユウが兄を頼る素振りは、人前では一切見せない。

    ユウの兄...? そもそも彼女にお兄さんなんて、いたっけ?

    真相は、【ダルゼラ編】最終話にて明かされる予定(^-^)


  
[お役目]
    基地の屋上で、1人でいるユウに、やっぱりいつも通りに声をかける大将。

    ユウにお役目があるように、それはクリフの役目なのかもしれない。
    本人は、そうは思ってはいないが、
    この時彼女を救ってやれたのは、やっぱり大将だけだったのかもしれない。


ユウ

  [結束]
    美しい北の大地、ヘルモード。
    生まれ故郷を守るため、人の上に立つ決意をしたクリフ。
    (→「テーマ別BBS」【対立と共存】参照)

    彼の部隊の構成員には、地元出身者が多い。
    皆の想いが、大将には分かる。 そんな大将の想いが、皆にも分かる。
    それが、ヘルモード隊の強さ。

    そして、ユウも、その一員である。


  
[クリフ "たち"]
    (前に「故郷」のところで"後述"って書いたので...)
    ヘルモードについて【対立と共存】に書いてますが、
    お仕事中でも大将に"タメ口きける"お2人のことです。

    1人はロバート・エアー、パイロット(戦闘隊長クラス)。
    もう1人は、軍医さんで、キース・ハミルトン。
    (→以下、「テーマ別BBS」【対立と共存】をご覧ください(^-^)



                        戻る 戻る     次へ 次へ