×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク


SEVENTH PROJECT
   設定集

 「Destination 2  ウェスタ編

ケイ・ラバンティ
    ウェスタ編の主人公。
    23歳(
…地球人の年齢に換算して表示します)。
    ウェスタ宇宙軍、宇宙開発チーム所属。
    父ウォレスは宇宙軍の参謀官であるが、
    あまり仲が良くないらしい。


一見クールな容姿だが、
結構感情の起伏のハッキリした
分かりやすい性格。
どちらかというと熱血漢。
マヤとはケンカばかり(?)。
  反政府運動に参加する少年、エリンとの出会い、
  ラグナレクの象徴、カラファンとの接触が、
  彼を人類史上最大の岐路に直面させることとなる。
 
      ラニータ・リィアとの接触は、エリンと出会い、彼ら反政府運動(ゲリラ)に参加する
      同年代の若者たちの"想い"を知った後。彼らを鎮圧する任務に就かざるを得ない
      自分たちの立場・・・組織の歯車の1つでしかない自分に、何ができるのか...。
      悩める青年の目に、ウェスタ地表に降り立つ彼女が映る。



マヤルーシア・ベイル
    ケイの幼なじみ。23歳。通称マヤ。
    同じく宇宙軍、開発チーム所属。
    政府会計局のカーチス・ベイルは、
    彼女の父親である。
  


ケイに負けない勝気な性格。
自ら戦闘にも参加する。
  ケイと同様、自分たちの考えを政府・軍上層部に
  進言できる恵まれた家庭環境にあるはずなのだが、
  彼女もまた、父と政府をどこか信用できないでいる。
        ケイに対する想いは、エレディアに冷やかされながらも、なかなか
        自分では認めようとしない。レモンについては、かわいい妹のように
        思っていて、いつも前向きで明るい彼女から"元気"がもらえる、
        言動がストレートで素直な彼女が大好きである。
        だから、ケイの気持ち次第では、自分が身を引くと...?


                          戻る 戻る     TOPへ TOP