×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク
 

BGM
(約562KB)


SEVENTH PROJECT
   ストーリー概観

     【SEVENTH −The Destination 2−】

 〜 3rd  ウェスタ編 〜

 ■漂流
   人々は眠りにつく。 永い、永い眠りにつく。
   自動航行システム、半永久機関の宇宙船の中で、夢を見る。
   "地球のような、蒼く美しい星に辿りつけたら..."

   人類移民と銀河漂流、2つの計画を公表し、
   どちらの道を歩むのか、各自に選択を委ねる。
   政府は強制をしない。 ――ケイの提案である。

   銀河への漂流の旅は、
   またも母星を捨ててしまうという愚行を重ねる人類の、
   宇宙に対する贖罪ともいえる。

   長い人類の歴史の中で、人々は、移民の繰り返し
   ・・・宇宙の放浪の旅に疲れていたのだろう。
   母星を捨てるという深い悲しみ、罪の意識からの逃避...そうかもしれない。

   しかし、今ひとたび、しばらくの眠りが人々の魂を癒し、
   刹那の...あるいは永遠の安らぎが、
   人類の軌跡に対する戒めとともに、
   良き種としての変容をもたらす可能性がある。
   ――マサディンの言葉は、多くの人々の心に響く。

   それに対し、"それは逃げているだけだ"と強く批判する者もいる。
   この愚行は自ら認める、人類の醜態、この罪は罪として受け入れ、
   そして次は(これからは)この愚行を繰り返すまいとし、
   悲しみとともに生きていかなければならない。
   辛くて苦しい現実から、逃げるのではなく...と。

   結局、最後まで
   マサディンとセルディ、2人の考えが一致することはなかった。


 ■旅路
   人類の出発は、
   ラグナレクとの休戦後、3年を経た日のことであった。

   人類の旅路は、
   これをもって2つのルートに別れることとなる。

   これが、遥かな未来に引き起こされる、
   人類史上最悪の悲劇の序幕となってしまう...


     そもそも、これまで人類が
     "全員"強制的に移民してきた理由がこれなのである。
     人が2ヶ所(以上)に別れて生活した場合、
     それが対立の図式となった時、
     互いの母星を傷つけ合う事態に発展し兼ねない
     ・・・人類の愚かな過去の歴史に、そう学ぶ。


                         戻る 戻る     一覧へ 一覧へ