×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク


SEVENTH PROJECT
   テーマ別BBS

 ≪対立 と 共存≫

  
[キース先生]
    一見"紳士"であるが、クリフを気に入る"お兄さん"だけあって、
    それなりに「ノッてくれる」面白い人、である。
    冷静な状況分析力と的確な判断力は、クリフも頼りにしているところで、
    部隊員からの信頼も厚い。
    皆のメンタル面にも気を配れる、正にヘルモード隊を支える功労者の1人。

    唯一の欠点といえば、その"女好き"の性格か...?


  
[バツ一...]
    ロブさん曰く、
    「クリフに酒を教えたのはオレ、女を教えたのはこいつ(→キース)」

    実は、バツ一、である。
    3年前に奥さんが家を出て行った話は、既にネタにされている...(^_^;)


  
[ケフェウスの存在]
    ケフェウスの上層部がヘルモードを警戒するように、
    ヘルモードの部隊員の中にも、ケフェウスを信用しない者が少なくない。
    殊、地元出身者は、根本的に闘いの目的が「自分たちの故郷を守るため」であることから、
    どこかで「ケフェウスは関係ない」と思ってしまっている。

    キース先生も、やはりその1人。
    本隊からの派遣組・・・最初は千晶、そしてユウ。
    彼らを、どこかで警戒してしまっている。


  [「里帰り」]
    千晶については、ヘルモード配属の経緯はあまり取り上げられないが、
    ケフェウス出身、ヒロシの親友である(「設定集」参照)。

    初めのうちは、千晶の方が、やや緊張していたようである。
    それを気遣って、大将が「里帰り」の際に千晶を連れて行く。


  
[ファームステイ?]
    クリフが千晶を連れて実家に帰り、約1週間を、牧場の仕事、山登り、魚釣りなど
    彼本来の生活をして過ごす...千晶のファームステイ状態?
    (このエピソードは、第1部「里帰り」にて語られる)

    …ちなみに、このファームステイ中に
     千晶のクリフに対する喋り方が(クリフの希望により)タメ口になる。
     ・・・大将は、弟が欲しかったのかもしれない。


  [父]
    クリフが、千晶に農作業を手伝わせたり、
    草の上を一緒に滑ったり、木陰で昼寝をしたり、
    山登りに連れて行き絶景を見せたり、釣りをしたり、、、
    ともに大地の恵みを肌で感じ、自分の想いを語ったり...

    それらは全て、父が自分にしてくれたこと。
    クリフは、父の真似をしてみた...


  
[墓前にて]
    ジムス・テーラーの墓に参る2人。

    クリフはどっかと坐る。
    千晶は後方に立つ。
    静かに帽子を取り、クリフの言葉を聞いていた。
    「親父…、……」
    それは、面と向かって言えない今の自分の心持ちを、
    千晶に話しているように、千晶には思えた。


千晶

  [純粋]
    そして、この人に惹かれ、この人を学ぶようになる。

    千晶が、ヘルモードの仲間になった瞬間かもしれない。
    しかしそれは、ケフェウスを裏切った、ということではない。
    クリフという人間が、本当に"純粋な人"だと感じた瞬間であった、それだけである。

    この人は、ケフェウスとの対立など考えてはいない...


  [采配]
    「エピソード抄録」内『リザルダの休日』では、
    千晶がケフェウスにやって来る。 "お仕事"で。

    これは、クリフの采配である。
    千晶と2人、ヘルモードの美しい風景を眺めながら話すシーン。
    リザルダの心中を思うクリフがもらす。
    「お辛いだろうな...」

    彼女の様子を見に、励ましてやるために、
    そして、千晶が親友と再会できるように、ケフェウスに向かわせる。


  
[再会]
    ヒロシと千晶は、シニアスクール時代からの親友(「設定集」参照)。

    ヒロシは、本編中、ほとんどリザルダの傍にいる。
    千晶は、ヘルモードから還らない。
    ともに、"本当の意味で"リザルダを守ることを誓っている。

    『リザルダの休日』のエピソード以降、
    2人は終戦まで会えない(モニター越しに言葉を交わす程度)。
    この再会は、リザルダだけではなく、彼らにとっても貴重な時間となった。


  
[不信感]
    彼らの、リザルダを守る意志は同じ。

    ただ少し違うのは、千晶は、クリフと同様、リザルダの側近であるルシエを信用していない。
    クリフがそう思っているから、かもしれない。
    でも、その考え方は常に頭に入れておくべきだと、千晶は自分で判断している。


  
[軍内部に...]
    常日頃、ルシエの傍にいるヒロシには、彼のことをそう悪い人間には思っていない。
    むしろ、真の意味でリザルダをお守りする同士だと思える。
    ヒロシがルシエを頼ることの方が、実際多い。

    ケフェウス内部において、リザルダと対立関係にあるのは、
    軍上層部、殊に、考え方だけ好戦的なご老体たちなのである。


  
[リザルダの敵]
    軍上層部にしてみれば、エルギウス亡き後、リザルダを担ぎ出したのは、
    ケフェウス住民の意志を束ねるための偶像としての役割と
    "事の責任"を彼女に押し付けることを、「良策」と判断したためである。
    彼らは、"指導者としての力"を、彼女に求めてはいないのである。


  
[遺言]
    エルギウス本人は、そのことを十分に予測していた。
    生前から、信頼のおける者数名には、
    真の意味でリザルダの護衛の必要性をもらしていた。
    その一人がルシエであり、ハンナであった。

    ルシエがリザルダの側近となったのは、エルギウスの遺言による。



                        戻る 戻る     TOPへ TOP