×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク
 

BGM
(約338KB)


SEVENTH PROJECT
   ストーリー概観

     【SEVENTH −The Destination 2−】

 3rd  ウェスタ編 〜

   人類の宇宙移民の歴史を語るとき、
   第2の地球「ダルゼラ」を "1st"、つまり最初の移民星と考える。
   したがって、【Destination 2】と題されたこの章の舞台は、
   3番目の移民星=第4の地球、である。

   この惑星を、「ウェスタ」と呼ぶ。
   人類がその大地に足跡を残した7つの惑星のうち、
   最も過酷な環境下にあったといっても過言ではない。

   ウェスタ暦は、現地球時間に換算して、約800年。
   地球の大きさを100とすると、ウェスタの直径は60。
   もともと高濃度の二酸化炭素が大気の大半を占めていた地表、
   地下を開拓して、人間が住める環境を人工的に作っていった。

   それでも、移民後数百年は、人間も地表を歩くことができた。
   しかし、人の生活により汚染された空気(ガス)を全て地表に吐き出し、
   産業廃棄物は「外へ」...次第に、
   地表はただのゴミ捨て場となっていった。
   そして、ウェスタ暦672年、
   巨大な彗星の接近による小惑星群の流れの激変により、
   ウェスタの全ての大気が剥ぎ取られていった。

   これより百数十年を、人類の「地下文明の歴史」と呼ぶ。
   もし、ウェスタの地下都市での生活に人類が適応していなければ、
   人類はこのとき絶滅していただろう。



   物語本編では、ウェスタ暦の正に末期、
   地下での生活にも限界が見えてきたところに起きた、
   反政府ゲリラと政府軍との武力衝突を発端とする戦い、
   …"人類存亡論"を掲げた反政府軍「ラグナレク」との戦争を振り返る。

   そして、人類史上初の重大な決断を巡り、
   人々の母星への想いと、ウェスタとの別れを描く。


ケイ&ラニータ

                    戻る 戻る     次へ 次へ