×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク


SEVENTH PROJECT
   エピソード抄録

     【SEVENTH -The Destination 1-】

1st  ダルゼラ編 ~

遺跡の前にて・・・ (第3部)
  前文明の遺跡発見現場に隣接する広大な平野部に、
  ダルゼラ政府(および防衛軍ラーニタリア本部)を置く“首都”が建設された。

  その首都カストルの郊外・・・

  ラニータが、ただ静かに立って、遺跡を見つめる。
  さとるが後方、少し離れた所に立ち、彼女の背中越しに遺跡を見る。

  ここから1kmと離れていない場所に、ラーザと名乗る少女が倒れていた。

   かつて、自ら封印した力が、
またこの星とその文明を滅ぼす危険性を持って
拡散していってしまった。
・・・地球人が、他星の異種文明人が、封印を解いた...

   何とかしなければ・・・

   ここで本当にこの星が死んでしまったら、
   何のために私たちが自ら姿を消したのか、、
   意味がなくなってしまう・・・!

異性人の生活を観察するうち、デルベイン教という宗教を知る。
宇宙に旅立った人類の、
新しい心の拠り所となる考え方の1つであったのだろう。

“スペースエンジェル”
  ・・・宇宙の意思のもと、時間と空間を自在に操り、
    宇宙の秩序を守るべく存在する高次元体
    (・・・平たく言えば“神様”(^_^;)
    常に世を見守り、望まれる時のみ、救世に現れるという。

ラニータは正にそれであり、その仕来りに従うことにした。

地球人の姿を借り、救世のために降臨する...
しかし、体の構造の違う生命体の、
久方ぶりの生身の肉体を操るのは用意ではなかった。
全てを精神コントロール下に置くには学習を要した。
 
    ラニータ:本物の神様のようにはいきませんね (苦笑)

  身体を思うように動かせず、倒れてしまったところを、
  さとるたちエムリスのメンバー+リブ・シアルーに救出された、というわけである。
  その時、口の利けない彼女は、リブの手のひらにラーザと名を綴った。

  顔の表情も、彼女の心を映すには至っていない。
  硬い、しかしどこか寂しげな、そして落ち着いた表情。

  ラニータという高貴で偉大な、宇宙の意思と同調でき、
  その個としての存在が許される(・・・やはり神様か?)聡明な生命体...
  彼女本来の姿を自ずと表しているのかもしれない。

  が、彼女は、嘆き悲しみ泣きもする。
  苛立ち怒りもし、そして喜び楽しく笑いもする。

    (さとる):この人・・・ 泣いてるんだ・・・・・・

  ラニータの背を見てそう思う。
  彼女の希望で(記憶を取り戻す手掛かりと言って)、
  2人が出会った場所に連れて来てやった。

  言葉が話せない・・・実際、発声のコントロールができない彼女が、
  さとるに「話がある」といって(手のひらに文字を書き伝えて)
  連れて来てもらった。

  ラニータの肩が震えているわけでもない。
  実際、涙を零しているわけでもない。
  ただ静かに立つ彼女から、言葉では表せないような大きな悲しみを感じた。

    (さとる):この人は・・・?

  ラニータが過去との対面から、次の行動への決意を意識した時、
  さとるには、彼女を包む空気が変わったように感じられた。
  何か大きな、かつ高貴な威圧感を肌に受けた。
  この人が何者なのか、何となく分かったような気がした時、
  童顔で年下に見える彼女を「キミ」と呼ぶのをやめ、

    さとる :貴女は・・・、ここに住んでいたんですか・・・?
 
  ラニータは、体の向きを変えず、心の声で直接答える。

    ラニータ:・・・はい・・・
    さとる :・・・そのことを・・・オレに・・・?
    ラニータ:言葉・・・ (少し顔を上げたよう)
    さとる :え?
    ラニータ:・・・何千年、何万年ぶりに発した言葉が、
         私と、私がここに残したもののことを正しく伝えられると良いのですが... (ゆっくり振り向く)
    さとる :!! ・・・

    ラニータ:私の言葉が届くということは・・・、この事実を知った時、
         事の意味を理解し、それを受け入れられるだけの器を持った者であると・・・、
         私はあなたを信じます...
    さとる :・・・言葉・・・? ・・・そんな、オレは・・・
    ラニータ:いいえ、・・・あなたは既にお気づきですね・・・?
         私を理解しようと心を働かせてくださった・・・
    さとる :・・・・・・ (ラニータと、彼女の背後の遺跡を見比べる)

    ラニータ:だから、言葉が届くのですね・・・?
    さとる :あ・・・

  2人、互いの顔を見て、しばらく無言で立ったまま。
  2人の間を風が、何度か吹き抜ける。
  互いの存在と、この出会いという事実を認めるに充分な時間が経つ。
     ・・・人類史上最初の、異種文明人との接触の瞬間であった。

    ラニータ:(一度静かに目を閉じ、そして穏やかな眼差しをさとるに向ける)
         はじめまして、・・・私の名は、ラニータ・リィア...

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  さとるが、静かに涙を零す。

    さとる :・・・・・・・・・
    ラニータ:・・・? ・・・涙・・・?
    さとる :・・・そんな・・・・・・! ・・・ (目を閉じ、歯を喰いしばり、悲しみに耐えるように)

    ラニータ:・・・涙の意味も・・・、私たちのものと同じようです・・・ (心で泣いている)。
         お優しいあなたが・・・、私の代わりに泣いてくださって・・・・・・
    さとる :・・・・・・こんな大きな悲しみと一緒に・・・、貴女はこの星を見守りつづけて・・・!

    ラニータ:・・・ありがとう・・・、私のために泣いて・・・ (泣いて、言葉に詰まる) ・・・。
         ごめんなさい・・・、・・・まだ、この体をうまく操れなくて・・・・・・。
         あなたを悲しませるために・・・、
         私があなたと出会ったのではないと・・・思いたいのです・・・
    さとる :!! (ハッと顔を上げる) ・・・はい・・・!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  ラニータ:ここにあった・・・1つの石に・・・、あなた方は触れてしまった・・・
  さとる :石?
  ラニータ:あなたと、あなたのお姉さまがお持ちでしょう・・・?
  さとる :!? ・・・これ (胸の辺り、服の上からペンダントを掴む)?

  ラニータ:あなたのお母さまは、お気づきだったのです。
       その石が、あなた方に災いをもたらすものであると・・・
  さとる :母さんのことも知ってるのですか!?
       ・・・姉さん? ・・・姉さん、って・・・!?

  ラニータ:私にも、お母さまの不思議な力は理解できませんでした・・・。
       あなた方の種の中でも、特殊な能力を持たれた生命体で
       あったのだろうとしか・・・
  さとる :・・・母さん・・・?

  ラニータ:そして、心ない者たちが、その特殊な力を研究対象とし、
       利用しようとした時、あなたのご家族が離ればなれになってしまう道を、
       お母さまは選ばれたのです
  さとる :!? ・・・どうして・・・?
  ラニータ:あなたを、その石の持つ邪悪な力から守るため・・・!
       私はそう理解しています・・・
    さとる :・・・・・・ (ラニータの言葉を受け入れる)
    ラニータ:すごい方ですね・・・、あの石の邪気を浄化し、
         あなた方姉弟にお守りとして授けられた・・・。
         そして、その2つのお守りは、互いを呼び合い、
         お2人を再会へと導くのです・・・

    さとる :あなたは・・・全て知っているのですか・・・?
         あなたは、・・・何故、今・・・オレの前に現れたのですか・・・!?

  2人の間を風が吹き抜ける。
  しばらくの間、会話はない。

    ラニータ:(目を閉じて一吹きの風を感じた後、ゆっくりと目を開き、
         顔を上げる) ・・・私は、・・・あなた方の言う“神様”ではありません。
         あなた方と同じ、かつてこの星に存在した、
         1つの生命体に過ぎません・・・、これは事実です・・・!
    さとる :・・・はい・・・ (納得している)
    ラニータ:そして、ここからは私なりの考えです・・・。
         私は・・・、あなたのお母さまに呼ばれた気がしたのです・・・
    さとる :!?

    ラニータ:私に、こんなことが (手を少し上げ、自分の体を見る) できてしまうのも、
         あの方が力を与えてくださったのではないか・・・、
         私が、あの石の不始末に対して、何とか責任を取りたいと願った・・・、
         その声を聞き届けてくださったのではないか・・・!
    さとる :そんな、あなたに責任なんて!
         ・・・オレたちが勝手に遺跡に触れて、大事な封印を解いてしまったんだ・・・!

  ここで場面転換。
  この後、リブ・シアルーがラーザを連れて行くまでの間の2人の会話は、
  さとるの回想シーンの中で描かれる。

  リブが、単独飛行でラーザを引き取りに来る。
  「お姉ちゃんの記憶を取り戻す!」と言って、Dr. セルラードの元へ。
  Dr. は、自分の意思のままに体を動かせていないラーザを不思議に思う。
  以降、ラーザはリブの傍(基本的にはアルファード)に。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  ・・・さとるの回想。夜、エムリス基地の屋上、星空のもと、1人で...

    〈ラニータ:“神様”というなら、あの方こそそうではないか、と・・・〉

    (さとる):・・・そうじゃない・・・。あの人は謙遜してああ言ったんだ・・・。
         宇宙の意思と同調(シンクロ)し、1個の生命体として存在し続けることを許された、
         偉大で、聡明な知的生命体・・・ (母の形見のペンダントを見つめる)

    〈ラニータ:私は、あなた方の歴史に干渉してはいけないと思っています。
         ・・・だから、この星を、滅びの道から救うことができる可能性を持つあなたに、
         こうして接触できるように、力をいただいたのではないか・・・〉

    (さとる):・・・オレたちを救うために、・・・この星を再び守るために、
         あの人は、もう一度この星に来てくれたんだ・・・!
         ・・・今、・・・母さんが・・・そう教えてくれたような気がする・・・。

         (ペンダントを上方にかざし、透かして空を見るようにして)
         じゃあ、母さんはラニータ・リィアの生まれ変わり・・・?
         ・・・・・・・・・ (返答を待つような時間をおいて)、それも違うか・・・。
         母さんがこのお守りを作った時に力尽きてしまったことを・・・、
         あの人は、オレに伝えに来てくれたんだ・・・・・・




                          戻る 戻る     TOPへ TOP