×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SEVENTH
-The Destination-


TOP
利用規約
ストーリー概観
設定集
エピソード抄録
OVERLAP
イラスト集
掲示板
テーマ別BBS
リンク集
かんたん
相互リンク


SEVENTH PROJECT
   エピソード抄録

     【SEVENTH −The Destination 1−】

1st  ダルゼラ編 〜

エリシア、司令室にてロディと話す (第1部)
  ロディは司令室の中央のシート(指揮官席)に座り、
  手元のパネル(仮想液晶に映し出される空中のディスプレイ)で
  スケジュール、基地内設営状況を見ている。

  そこへ、エリシアがコーヒーを2カップ、トレーに乗せて入ってくる。

    エリシア:(トレーをシートのサイドにかけるように置き) はい、いかがですか?
          (カップを差し出す)
    ロディ :あぁ、ありがとう (ちょっと嬉しそうに)。気が利くね
    エリシア:アリス、今手が離せないので… (トレーを持ってロディと向き合う
          オペレーター席へ。座らず肘掛けに軽く腰掛け、自分もカップを取る)

    ロディ :(一口すすってから) これからもっと忙しくなるな…
         (もう一方の手でキー操作をして画面を送る)
    エリシア:はい…
    ロディ :開戦時には、大勢の人間がここに送られる…。
          この部屋にもずらっと通信兵が並ぶよ (ディスプレイをOFFにする)
    エリシア:あぁ… (ざっと部屋を見渡して、やや小声で) そうなんだ…
    ロディ :…静かなのも…今のうちか…
    エリシア:(寂しく厳しい表情)…そうですね…

    ロディ :キミも休める時は休んどけよ
    エリシア:はい…、だから今…ここに来ました (微笑)
    ロディ :?
    エリシア:ロディも半分休憩中でしょ?
    ロディ :… (図星)

    エリシア:アリス、言ってましたよ。何度もデートしてるのに、
          一度も腕組んで歩いてくれないって
    ロディ :! (ブーッとコーヒーを吹く)
    エリシア:(くすっ)
    ロディ :デートじゃないって… (ったく!)
    エリシア:いいなぁ、アリスばっかり…。今度はあたしを誘ってくださいねっ

    ロディ
 :…あーのーねぇ…、キミたちそーやってオレをからかってるでしょー
    エリシア:あはっ (図星) 大好きなお兄さんに構ってもらいたいんですっ
    ロディ :…ったく! …お兄さんねぇ…。おじさんよりかいっか (苦笑)
    エリシア:はい (ニッコリ)

    ロディ :かわいい妹に…、弟も増えたか (コーヒーをすする)
    エリシア:さとるくんたち、頑張ってくれてますよ
          (慣れるまでは「さとるくん」「エリシアさん」と呼び合う)
    ロディ :あぁ、キャニーもいい奴連れてきてくれたよ。…あいつら見てるとさ…、
         なんか若い頃の自分とダブるんだ…
    エリシア:え?
    ロディ :オレたちも3人組だった…

    エリシア:(小声) あぁ…。あ、もしかしてリカルド先輩と?
    ロディ :うん
    エリシア:じゃあ、先輩がジルくん (みたいなしっかりしたお兄さん役)?
    ロディ :ハハ、あいつなんてオレよりそそっかしいって! …何だあいつ、
         キミの評価はいいんだ…、ま、教官だもんなぁ (ハハハ)
    エリシア:そうなの…?

    ロディ :もう1人、オレたちをいつもよく見てくれてた兄貴分がいてさ…
    エリシア:へ〜ぇ、…今はどうされてるんですか?
    ロディ :… (寂しい表情、目を閉じて首を横に振る) …もう何年になるかな…、
         任務に忠実だった…
    エリシア:あ… (亡くなったと分かる)。…ごめんなさい… (視線を落とす)
    ロディ :いや…。軍人なんて職に就いてりゃ…、そんなの…、仕方がないさ…
    エリシア:…… (寂しそうなロディの表情を見つめる)

    ロディ :ごめんなっ (シートから下りて、エリシアの横に)
         せっかく話しに来てくれたのに (トレーとエリシアのカップを取る)
    エリシア:あ… (片付けに行ってくれようとする意外な行動に少々驚く)
    ロディ :(出て行こうと歩み出し)
          オレにあんまり気を遣わなくていいから (微笑)
    エリシア:あ、あたしも行きます!
    ロディ :(立ち止まって振り返る) いいよっ。このまま2人切りでいたら、
          オオカミになっちゃうぞ (いたずらっぽく言う)
    エリシア:あは (何故か目が輝く)、
          あたし襲われたいっ!(ロディに顔を近づける)

    ロディ :(人差し指で制止する) … (ニッコリ)
          …アリスはともかく
         ( くしゃみするアリスのカット;デッキ横で
         ジャックやアーニィたち若手メカニックマンたちと
         端末にデータ入力中)、キミはそういう子じゃない…
    エリシア:! … (ドキッとする)
    ロディ :…もうしばらくしたら、キニスも還ってくる…。
          …ホントに、ちゃんと休んどけよ
         (司令室を出て行く)

   (エリシア):…ホント… (司令官席の側面にもたれかかり、
          窓の外、遠くを見る)、かなわないな……
  大変な任務のために疲れているであろうロディを気遣って、
  楽しいお喋りでもしようと彼を訪ねて来たエリシアだが、
  自分よりずっと大人であるロディには、
  自分はまだまだつり合う器量もないな、と再認識させられてしまった。
  でも、自分をよく見てくれている“お兄さん”の存在は、とても心強く嬉しかった。

  ロディは「3人組」と言ったが、
  実は2つ年下のエミリィ・ターナという女の子もよく一緒に行動していた。
  さとるたちにかおるを加えた4人組と、正に同じ。

  悲しい別れを経て今はリカルドと2人になってしまったが、
  さとるたちを見ると若い頃を懐かしく思い出すようである。
  かおるにも気を配ってくれる指揮官は、みんなから慕われている。




                          戻る 戻る     TOPへ TOP